<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヒプノ赤ちゃん!

昨日6月6日は熊本でヒプノ赤ちゃんの講習会があり、ますみさんにお誘いを受け行って参りました。自分の体調+あーちゃんが果たして長時間のドライブに耐えられるかどうか!?
しばらく考えていましたが、最近機嫌がいいあーちゃんに私の体調を信頼して行くことに決めました。
おばあちゃんのお供をひかえ、3時間半のドライブが始まり。
終わってから言わせていただければ、あまりのご機嫌のあーちゃんにびっくりでした。
一人で歌い、踊り、絵本を読み、歌を流し、お昼寝をし。
ドライブもとても快適に、母とおしゃべりをしながらあっという間に熊本に。

ついたら早速会場へ。ここでは久しぶりに村井先生と2週間ぶりにますみさんと再会。
あーちゃんは村井先生の声を覚えていたかしら?ただでさえ男の人は人見知りをするのだけど、少しだけお話をしました。ますみさんは覚えていたようでにこにこでした。

講習会ではみなさんの自己紹介がとても重要です。お話を聞くと、沢山の方がお産で満足できていなくて次回は是非違う形で、と思われていたり、とても幸せな形でお産ができました、という方がいたり。助産婦さんもたくさんいらしゃっていました。熊本は大分よりも開けているのでは。。というのが私の感想でした。

ますみさんに、私もあーちゃんも初めてのヒプノ赤ちゃんのお話を聞いて生まれてきました、とご紹介いただきましたが、はたして私がちゃんと思っていたことを話せたか。。。ますみさんのように皆さんの前でも自分の気持ちをそのまま話せるようになりたいものです。
あーちゃんはマイクを食べたくて仕方がなかったよう(苦笑)

ヒプノバーシングとはリラックスして自分の潜在意識とつながりながら、赤ちゃんと対話しながらお産をするためのお手伝いです。リラックスの仕方、呼吸の仕方、そしてどうやって赤ちゃんが生まれてくるかのお話を勉強し、波動(陣痛、というと痛そうでしょう?)をパートナーの助けをかりて一緒に待って行くのです。

私の実際の経験としては、このお勉強をした後、自然分娩やる気満々でとてもお産を楽しみにしていたのですが、腎不全となり、お医者さんから陣痛促進を促され、帝王切開しないのなら、大きな病院にいってもらいます!とある意味脅され。それまでとても信頼していた先生でしたが、ちょっと考え。助産婦さんたちのサポートのもと、納得し、(もちろんますみさんにもメールを何度もし)帝王切開となりました。そして生まれてきたときのあーちゃんの声を聞いたら、これでよかった!と思わざるをえなかった、というか。お互いに元気で、それだけでよかったのです。

時間がなかったので途中退席となりましたが、妊娠中の幸せな気持ちをとっても思い出した一日でした。みなさんのポジティブなエネルギーって本当に影響されます。

どうもありがとう!
[PR]
by pinkties | 2010-06-07 22:27 | 日々のこと